狩野智宏 / TOHKA オイルキャンドル -クリア- (KT_010)

販売価格 13,200円(本体12,000円、税1,200円)
型番 KT_010
在庫状況 1
数量:

Shop and ship from Japan

直径10cm 高さ5cm

(手作りですのでサイズは全て微妙に異なります。目安とお考えください。)


ガラス造形作家狩野智宏が、素材開発から12年の歳月をかけて完成に至った「THOKA」は、吹きガラスの技法で職人により、一つ一つ丁寧に手作りで制作されています。
火を灯すと、テーブルにボディーカラーと同じ色の光の輪ができます。
火を灯す芯は交換の必要が無い特殊なスチール芯を使用しております。

専用のオイル『"ムラエ"レインボーオイル』をご使用ください。

※1時間あたり約4mlのオイルを使用。/ 7分目までオイルを注いで約7時間くらい灯し続けます。

クリア

これを選ぶ時は、素の自分の影響を受けていますので、光の呼吸をリセットしましょう。

カラーエナジー(ガラスキャンドルセラピー)

光にはいくつもの段階の波長があり、光の波長は異なる色となって現れます。虹が7色の色で現れるのはその一つの例です。その時その時、それぞれの人で必要な光の波長が異なります。気になるカラーがあれば。それはその色を選ぶ時のあなたのエネルギー状態を表しています。ガラスのオイルキャンドルによる「カラーエナジーガラスキャンドルセラピー」はガラスの色と灯す明かりにより、あなたの内面を癒し、強化するセラピーです。

ライトキャンドルのエネルギー的活用方法
「ガラスキャンドルをみつめながら、色を吸い込むイメージでゆっくりと呼吸し、何回か繰り返した後に目をつぶって色のイメージを感じる」ことによって、色のエネルギーを取りこむことができます。

※カラーエナジーはインナービューティーカウンセラーでクォンタム・タッチアーティストの藤波直子さんのリーディングによるご指導に基づいています。

【 狩野智宏 (かのう ともひろ)】

1958  東京生まれ
    狩野友信を母の曾祖父とする(日本画 狩野派 狩野友信より5代目)

1980  和光大学人文学部芸術学科日本画専攻卒業

1987-8 米国・サンフランシスコ、プリエトエステバンスタジオにて学ぶ

1992  東京ガラス工芸研究所卒業

1993  米国・シアトル、ピルチャック・グラススクール奨学金を受ける

1995  「GLASS ART CLASS DAIKANYAMA」設立