艸田正樹/流レニ咲ク (KM_007)

販売価格 4,320円
型番 KM_007
在庫状況 3
数量:

Shop and ship from Japan

直径 14 cm x 13 cm/ 高さ 約 1.2 cm

在庫の残り数が2個の場合は画像と別の作品を発送いたします。
手作りなので、1つ1つの形状や大きさが異なりますのでご了承下さいませ。

吹きガラスの技法の中でも「※ピン・ブロウ」という特殊な技法を用いて器を作っています。

※ピン・ブロウとは一般的な「吹きガラス」では、筒状の鉄竿を用いて、巻き取ったガラスに息を吹き込んで膨らませます。一方、「ピン・ブロウ」の場合は、ただの(芯の詰まった)鉄棒にガラスを巻き取り、ガラスが柔らかいうちに針(=ピン)で突いてあけた穴に、空気を吹き込んで(=ブロウ)膨らませます。艸田さんの場合は、濡れた新聞紙で穴を塞いで、水蒸気で膨らませるという方法をとっていますが、他にも、パファーという道具で息を吹き込んだり、エアー・コンプレッサーで圧縮した空気を勢いよく送り込んだりする方法もあります。
道具などでガラス表面を触って形を整えることもせず、ただ、重力と竿を回す遠心力とだけを用いて制作しています。簡単な道具、単純な技法によって、作為のないシンプルなフォルムが現われるよう心がけています。ピン・ブロウならではの柔らかさと透明感の高い仕上がりが特徴です。


【艸田正樹】 (くさだ まさき)
1967年 岐阜県羽島市生まれ
1991年 名古屋大学工学部土木工学科 卒業
都市の無秩序な拡大を抑制する政策について学んでいた。
在学中に劇団「バッカスの水族館」を旗揚げし、主宰。脚本・演出・舞台美術・役者などを担当。
表現することの楽しさを知る。
1993年 名古屋大学大学院工学研究科博士課程前期課程土木工学専攻 修了
土木分野における景観形成のあり方について考えていた。
1993〜97年 株式会社三菱総合研究所 勤務
環境との共生、地域の文化振興を視座に、地域の将来ビジョンの策定や施策作りに携わる。
この頃、創作への欲求が再燃。あくまでも"会社員の趣味"として、
一人でもできる陶芸・写真・ガラス作品の制作を始める。
1997年〜 「架空庭園」を拠点に、創作活動を静かに展開。
まちづくりの分野から、ものづくりの現場に身を移し、自分自身にできることを改めて考え直すことにした。

受賞歴
2000年 工芸都市高岡クラフトコンペ2000 銀賞「あたたかい雨」
2001年 2001日本クラフト展 入選「うつくしい水たまり」
工芸都市高岡クラフトコンペ2001 奨励賞「湖でゆれてみた」